市川 治之のblog

JJAデザインアワード

先週 Big Sight で開催された JJF の初日、JJA ジュエリーデザインアワード2014の表彰式があり、
私の作品がグランプリに選ばれ、トロフィーや表彰状や花束を受けてきました。この歳でそういう場に立てるとは思っていなかったので、正直、嬉し恥ずかし緊張した一日でしたがジュエリーの世界で日本一を取れたのは一生の思い出になるような一日でもありました。この仕事やってきて好かった。
d0261344_6571540.jpg

[PR]

# by cocosobo | 2014-09-04 06:57

台風に

台風11号が近づいている。時折樹々がざわめき雨も激しくなったりする。
こういう様子を見ていると、子供の頃のことを思い出す。
大きくしなる木やぴゅうぴゅうと鳴る風の音に少年の心は何故かしらときめく。
普段と違う様相に何かが起こると期待している。もちろん学校は休みだ。
昼間から閉められた雨戸の所為で、薄暗くなった廊下に座り込み
一枚だけ開けられた雨戸から外の様子を眺めている少年は
いったい何を期待していたのだろう。
普段と違うと云うことに心ときめいていたようだ。
いつもと違うと云う状況が好き。という少年の意識は
今でも変わらない。変化を求める意識が自分の中で年齢にも
培ってきた概念にも関係なく、存在し続けている。
d0261344_10515678.jpg

[PR]

# by cocosobo | 2014-08-10 11:02

ブログ再開!



d0261344_10354691.jpg
何年ぶりかでブログを始める。最後の投稿を見ると2012年の6月だからおよそ2年ぶりになる。
以前はかなり力入れて向かっていたように思う。こういう意識では長続きしない。
今度は力抜いて始めます。
たいしたこと書かないし、また書けないとおもう。
今日も暑い一日になりそー。
家にはクーラーが入ってないから、扇風機だけで対処してる。
窓には日除けのテントも張ってる。
家の中にいても熱中症になるって言うから、高齢者はきをつけよう。

写真は冬の山中湖 少し涼しくなる(〜〜)。




[PR]

# by cocosobo | 2014-08-05 10:29

魂の話

今日、F 君と会った。相変わらずだ。こっちもそうだが、音楽や、絵画や人の話や世間話をしてお茶飲んで別れた。くだらない時間のようにも思えるが、どっこいいい時間なのだ。この歳になるといいものとそうでないものがよーく分かるのだ。今日の時間はいい時間だ。生産的ではないが、いい時間なのだ。いい時間悪い時間を嗅ぎ分ける嗅覚が身に付いてくる。歳の功という。なかなかいい時間を持つ機会がなくなりなりつつあるこの年齢の男はこの貴重な時間を持てることが何よりも大事なことなのだ。いい時間を持つこと。それが目的となってくる。残りの時間が少なくなって来た人間にとっては非常に大事なこと。
世間話と一口に言っても、当たり障りのない、世間話ではない。一言一言が千金の値を持った。貴重なるお話なのだ。今までに培ってきた哲学に基づいた価値在る話だ。自分の血と汗ですくい取ってきた自分のリアリティーが込められたお話だ。一言一言に魂が込められている話。なのだ。
[PR]

# by cocosobo | 2012-06-11 23:24